【セブン】ジェネリック生もみじ饅頭?「もちりチーズもみじ」

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ふらっふぃです。

今日はセブンプレミアムのもちりシリーズの新商品をご紹介します。

スポンサーリンク

もちりチーズもみじ

まずは恒例の外観と中身から。

外観 中身

はい、見た目は名前の通り広島みやげの定番「もみじ饅頭」です。
これにジェネリック阿闍梨餅と呼ばれる「小豆もちり」の「もちり」が合体してます。

ちなみに、「ジェネリック阿闍梨餅」とは、京都の人気お菓子の「阿闍梨餅」をリーズナブルにあじわえるお菓子のこと。
ジェネリック医薬品のお菓子版です。

さて、お楽しみの断髪式ならぬ切断式に行きましょう。

中はチーズ風味のこしあん。
見た目と同じく、中身ももみじ饅頭に寄せてます。
勝手にプロセスチーズ的なものを期待していたので残念です。

では実食。

食べ始めはチーズ風味がします。
が、食べ進めていくと皮の”もちり”味が主張し始めてきて、チーズ風味が薄れていきました。
そして、端っこのもちり皮厚めの部分はモチモチが強すぎ。
硬くはないけど柔らかくもない。(どっちやねん!)

この、もちり皮のおかげでもみじ饅頭よりも「生もみじ饅頭」に寄ってます。
端っこの柔らかさに欠ける生もみじ饅頭。

あんこのチーズ風味が最後まで生きていればなぁ。
なんか中途半端。
もうひと工夫欲しかった。(評論家?)

では、わたしがひと工夫して食べてみよう!
ってことで冷凍してみましたが、むしろ常温の方が美味しかったです😅

セブンプレミアム商品開発コミュニティサイ『セブンプレミアム向上委員会』公式サイトです。セブンプレミアムの新商品や話題の商品を紹介しています。

原材料ミックス粉(砂糖、小麦粉、その他)、白いんげん豆、砂糖、卵、乳等を主要原料とする食品、油脂加工品、はちみつ、還元水あめ/加工でん粉ソルビット、トレハロース、グリシン、カゼインNa、増粘剤(加工でん粉)、乳化剤、pH調整剤、膨脹剤、香料、着色料(カロチン、ビタミンB2)、(一部に卵·乳成分·小麦·大豆を含む)

栄養成分表示(1包装当たり)エネルギー 175kcal、たんぱく質 4.7g、脂質 2.6g、炭水化物 33.2 g、食塩相当量 0.3g

スポンサーリンク
スポンサーリンク