【Pears(ペアーズ)】アラフィフ女性×顔なしアラフィフ男性(2回目)。今日の教訓は?

未分類

あるきっかけで恋活市場に参戦しました。
今回やってみるのは「Pairs(ペアーズ)」というマッチングサービスです。
ペアーズをご存じない方のために、公式サイトの説明を引用します。

Pairsは理想のお相手を簡単に見つけることができるマッチングサービスです

引用元 ペアーズ

日本最大の会員数を誇り、年齢や収入以外に「コミュニティ」に入ることで趣味や価値観を伝えることができるのが魅力

48歳独女。崖っぷちどころか、海辺に浮かぶ死体レベルの扱いとなることを覚悟して挑む挑戦!

今回は、プロフィール写真がない50歳男性と2回目にマッチングしたときの話しです。

マッチングまで

つい先日、顔なし男性アラフィフ男性と写真交換したら、アラカンレベルでドン引きフェードアウトした管理人。

性懲りもなく顔なし男性からの「いいね」に、「いいね!ありがとう」した理由は職業欄。

専門職で、建築(デザイン・設計)関係っぽい様子。なかなか出会えないご職業だったんです。

マッチング後

割とすぐに先方から写真を送ってくれました。

まず一枚目に送っていただいた写真は、肩くらいまでのロン毛で、グレーを貴重としたシンプルな服装。顔もシャープで悪くありません。ロン毛と言っても、ショップにいるようなオシャレな男性というイメージです。

「当たり」と、内心ガッツポーズしました。

しかし、メッセージで会話が進む中で、その方からどんどん送られてくる写真は、最初の印象とはかけ離れていて驚愕することになるのです…。

結果

その方は「自由人」という表現がぴったりでした。

まず、現在は腰までのロン毛なのです。(一枚目の写真は何年前だったんだろう?)

さすがに腰まで伸びたロン毛のアラフィフ一般男性にはなかなかお目にかかれません。

ロン毛のなびく後ろ姿の写真を見て、盛り上げ好きな性格が災いしました。その人をノリノリではやし立ててしまいまったのです。

続けて送られてきた姿は、赤毛のアンばりの三編み写真。

参りました!降参っす。

続けて4〜5枚の写真が次々と送られてきます。服装の趣味もすごい。真っ赤なスカジャン着てます。

想像してください。真っ赤なスカジャンを着た、腰までのロン毛のアラフィフ男性を。

中には貞子ばりの後ろ姿の写真もありました…。

そして、観光地で様々なおもしろポーズで撮影された写真は、見ず知らずの人に撮ってもらっているというから更に驚きです。

どうですか?

付き合えますか?

と、言うわけで申し訳ないと心で謝りつつ、2度目のフェードアウトとなりました。

教訓︰写真なしの闇は深海の如く深い

さて、次はどんな人に出会えるのか!?乞うご期待。

コメント