猫鳴り

*FC2ブログから移行した日記です*

沼田まほかるさんの小説「猫鳴り」を読み終えました。

三部構成のお話で、
第一部は猫と飼い主の出会い。
第二部は大人になった猫。
第三部は猫の最期。
という流れ。

猫を取り巻く人々が皆孤独や悲しみを背負っていて、終いには猫も死んでしまいます。

第三部を読む時には、鼻水ダラダラで嗚咽を漏らしながら泣きました。

こういう話を読むと否応無しに我が家の猫ちゃんとの別れを想像してしまうので辛くなります。

そんなわけで、次は軽めの本を読むことにします💦

スポンサーリンク