ドラマ三昧の祝日「天使のナイフ」「トクソウ」「光のお父さん」

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
最近太りすぎて動きが鈍くなってきた ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

ほんとにやばい。
やばいと分かっているけど食欲は抑えられず、森永のガトーショコラ抹茶味のレビューなんぞを書きました。
やばい、やばすぎる。

体重計が壊れているのがいけないんだわ…ってことで、Amazonで体重計を注文。
以前買った時は、Bluetooth対応の体重計は2万円もしたんですけど、今回はメーカー違いで同等の機能の体重計が4000円弱で買えました。めっちゃ安い。

昨日Genius Barで「問題なし」と判断されたiPhoneは、一日中家にいて Safari を見る程度しか使っていないのに、21時時点のバッテリー残量は100% → 42%まで減ってしまいました。
部屋の中に一日いて動画も見てないのにここまで減るなんて、やっぱりおかしいと思うんだけどなぁ。

FC2ブログの移行作業も少し飽きてきたので、今日はAmazonプライムビデオとNeflixでドラマを3本も見ました。
見たのは「天使のナイフ」「トクソウ」「光のお父さん」です。
せっかくなのでドラマの感想を書いておきます。

そうそう。
話が飛びますが、ドラマを見る合間に踏み台昇降を5分×4回やりました。
老後のためにもこういうのを習慣化したいです…。

天使のナイフ

2015年放送のWOWOWの連続ドラマ。
内容は面白いのに、なんか俳優さんが微妙で今一歩でした。
これだけ全員しっくりこない配役も珍しい。
中学生役が中学生に見えないんですよ。
なぜならおそらく全員20代の俳優さんだから。
倉科カナさんは幼稚園の先生役なんですが、回想シーンで中学生役を演じたりするんです。
28歳(当時)のセーラー服姿は「痛い」以外の何物でもありません。
もう一人共演の女優さんも倉科カナさんと同じくらいの年齢に見えましたが、二人でセーラー服やショートパンツで歩き回るシーンは、まるで安いAVみたいな状態でした。
子役を使えばよかったのに…。

第51回江戸川乱歩賞受賞の薬丸岳のヒット作を連続ドラマ化。「少年法」にみる更生を問いかけながら事件の裏に隠された妻の過去と数々の罠が押し寄せる驚愕のミステリー。
トクソウ

2014年放送のWOWOWの連続ドラマ。
三浦友和さんがめっちゃ渋くていい味出してかっこよかったです😊
先ほど書いた「天使のナイフ」が違和感が出まくりだったのに対して、このドラマは俳優さんがしっかりとしててWOWOW連続ドラマらしさが出てました。

光のお父さん

2017年放送のTBSドラマ。
去年こんなドラマが放送されていたなんて、全然知りませんでした。
ドラマ内でファイナルファンタジーの世界が出てくるんですが、あまりに映像がきれいでビックリしました。
ドラマを見ていたらファイナルファンタジーをやってみたくなります。

しかし、ゲームの中でも現実世界ばりの人間関係があるのは面倒くさそう。

MBS/TBSドラマイズム「光のお父さん」(2017年4月期ドラマ)公式サイト
スポンサーリンク

この記事の目次

関連記事

今日の投稿

スポンサーリンク