友人には月に1回は連絡しようと心に誓いました。

久しぶりに友人からLINEが来ました。

LINEの内容は、様子伺いとお母さんの入院。
すでに手術も終えて、現在はリハビリ中とのこと。
もう数か月前からの話です。

本当に驚くと同時に、まったく連絡をしなかった自分を悔いました。
わたしがちゃんと月に1回ぐらい連絡すれば、友人が大変な時に何か手助けができたのかもしれないのに…。

プロフィールにも書いているとおり、わたしには友人と呼べる人は2人だけ。
その中でも、今回連絡をくれた友人が一番の友達です。
そして、友人の母も唯一無二の存在。
昨年10月、身寄りのない私が子宮全摘手術で入院するときに、身元引受人になってくれたのはその友人とお母さんです。

もう20年近く前。
わたしが結婚の報告をしたときのことです。
わたしの実の母は「おめでとう」の一言もなく、出てきた言葉は「お金ないからね」でした。
結婚式への参加も渋々といった状況。
思い出したくもありません。

それに対して心から喜んでくれたのは友人とお母さん。
とても喜んでくれて、「彼氏と一緒にご飯食べにおいで」と言ってご馳走してくださいました。

今回は生死にかかわるような状況じゃないのが幸いでした。
大切な人には、きちんと連絡しないといけないですね。
ブログはまめに更新するんですけど、人への連絡ってほとんどやらないんですよね😅

みなさんは、わたしの二の舞にならないように大切な方にはぜひ連絡をしてください。
わたしもこれからは月に1回は連絡するようにします。

スポンサーリンク