年下くんの人生の岐路

「片想いの年下くん」という表現が、だんだんと大げさに感じる今日この頃。

たぶん想ってはいなくって、「頼りになる息子」とかそんな感情が近くなってます(笑)

そんな年下くんと近いうちに会えなくなるかもしれません。

理由は簡単で、彼が会社を辞めるかもしれないから。

それに対して否定も肯定もできないし、「行かないで〜」とか思うこともないけど、ただ会えなくなると寂しいです。

わたし自身もいつ転勤になるか分かんないから、遅かれ早かれくる別れではあるけど。

彼が本当に辞めるかどうか、まだ決まってはいないんですが、「意気消沈」とはまさにこのことっていう精神状態です。

スポンサーリンク