2006年ドラマ「結婚できない男」現代のこじらせ女子必見

Amazonプライムビデオで見られる、アラフォー・アラフィフ世代なら懐かしいドラマをご紹介します!

スポンサーリンク

結婚できない男

阿部寛・夏川結衣主演の2006年のドラマです。
こじらせ男の阿部寛演じる桑野が、早坂医師(夏川結衣)や隣人(国仲涼子)、同僚(塚本高史・高島礼子)と繰り広げるラブコメ。

放映当時もしっかり見てました!
当時36歳。
桑野はわたしに比べて年齢が上の設定だったのに、今となってはわたしの方が年齢が上になってます😓

桑野のこじらせっぷりが見事

今見ても桑野のこじらせっぷりが見事。

  • やたらうんちくを語る
  • 協調性がなく、自分中心的

あれだけイケメンの阿部寛が、違和感なく演じ切ってます。

また、桑野と同じく結婚できない早坂医師(夏川結衣)と桑野、そして若いみちる(国仲涼子)とのテンポの良い掛け合いは見ていて気持ちいいです。
夏川結衣はコメディイメージがないけど、桑野に冷静なツッコミ入れるところは楽しい見所となってます。

12年後の今見た感想

実は、うちの会社に似たような30代半ばの男性がいるんですけど、その人と桑野の仕草が瓜二つなんですよ!!
びっくりするほど似てます。
キョドッてる感じで目線を合わせないところとかそっくり。
残念ながらその人はイケメンでもなんでもない、ただのワキガ男なんですけど😓

まじめな感想をひとつ言うと、早坂医師が初めてお見合いをした相手にこう言うシーンがあります。
「わたしは恋愛したいんだと思います。
ただ結婚したいわけじゃなく、恋愛して結婚したいんです。」
めっちゃ納得しながら見ました。

そして、桑野に告白するシーン。
「わたしはあなたと会話のドッジボールじゃなくて、キャッチボールがしたい。」
それまでの2人の掛け合い漫才みたいな関係を切り替えるきっかけとして、素晴らしいセリフです。
大人の女性だから言える言葉ですね。
わたしもこんなステキな言葉を誰かに言ってみたいな。

47歳、バツイチ。
出会いは無くとも、まだまだ希望は捨てませんよ!✊

まとめ

「結婚できない男」どうですか?
懐かしいですよね。
10年以上前のドラマだけど、今見ても楽しめるドラマです。
タイトルは「結婚できない男」だけど、「結婚できない女」側からも共感できる内容になっています。

周囲のこじらせ男子と桑野をくらべてみると、きっと共通点があって楽しめますよ!
Amazonプライム会員は全話無料で見れますので、時間がある時に、是非ご覧ください。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク