【Evernote】Grid Diaryで簡単に日記を残そう!

おはようございます、こんにちは、こんばんは。ふらっふぃです。
久しぶりに有料でアップグレードしたアプリが出たのでレビューします。
Evernoteへの記録用に使っているアプリです。
※2017年10月時点の画面を使っています。

スポンサーリンク

Grid Diary について

簡単に言うと質問形式で日記などの記録がつけられるアプリです。
例えば、
「今日の食事は?」
「今日の良かったことは?」
「今日会ったひとは?」
「今日ムカついたことは?」
などなど、予め自分が記録していきたいことの質問を設定しておくことで、簡単に記録がつけられます。

1か月使ってみて良かったのでProにアップグレードしました。(600円)

Grid Diary – ジャーナルへの単純な方法 – Sumi Interactive

Grid Diaryのおすすめポイント

この記事をまとめていて気がつきましたが、私の評価ポイントは「見た目」。
操作なら妥協して覚えれば済みますが、見た目って変えられないからだと思います。
ってことで評価ポイントは2つとも見た目に関する内容です。

入力画面がシンプル

これは私が設定している1日の項目画面です。
設定箇所は天気と気分(画面右上のアイコン部分)以外の「会ったヒト」「行ったトコロ」〜など7項目です。
項目は自由に設定することができます。

写真(画像)添付は無料版では5枚迄です。上の画面イメージはProの画面のためご注意ください。

Evernoteのノートに書式設定されている

Evernoteに共有できるアプリは沢山ありますが、Evernote側に書式を設定してくれるアプリは少ないと思います。
入力していない項目はEvernote側に出力されない点も個人的な高評価ポイントです。
▼Evernoteの画面

※架空の日記です。

Grid Diaryの残念ポイント

残念ポイントは「操作性」です。これは人によっては妥協できないと思うので、「なんでアップグレードするの?」と言う人もいるかもしれません。
お金を出すのは私なので、そこは放っておいて下さい。笑

Evernoteへの共有は手動

昔の記事だと同期できてたのかな?と思う記載もありますが2017年10月時点では手動です。

  1. 画面下のボタンをタップ、または画面を上にスワイプします。

  1. 画面下のボタンをタップします。

  1. Evernoteへエクスポートをタップします。

メニューが所々英語で全体的に分かりにくい

メニュー全てが英語だったら諦めがつくんですけど、絶妙なさじ加減で英語です(笑)
肝心なところで英語が多かったりします。

参考:Evernoteの設定メニュー

Evernote共有時のノートブックの設定場所が分かりにくかったので参考に記載しておきます。

  1. 入力画面の左下、家のマークをタップ

  1. 右上の「…」から、設定をタップ

  1. 統合をタップ

  1. Evernoteに関する設定項目が表示されます。

アップグレードした理由

私が有料にしたポイントはズバリ「画像を5枚以上添付したいから」です。
無料版では全体で5枚までしか添付できません。「1日に5枚まで」ではないので気をつけてください。
最初は無料のまま使うために、先にメモだけをEvernoteに共有→Evernote上で画像を添付したりしていましたが面倒くさくて😓
テキストメインであれば無料版で充分便利なアプリだと思います。
何よりアイコンや全体的なデザインがシンプルで気に入っています。
やっぱり女性としては見た目の可愛さって重要ポイントなのです。

Proで出来るようになること(抜粋)

  1. パスコードロックがかけられる
  2. 複数デバイスで同期できる
  3. 写真添付の制限がなくなる
  4. エクスポート時の形式が選択できる
  5. (画面の)書式設定ができる
スポンサーリンク
スポンサーリンク