【アプリ】「Money Foward」を活用し、家計簿はざっくり付ける方針に変更!

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

かれこれ、家計簿をつけ始めて15年以上経ちます。
だんだん家計簿をつける意味が分からなくなってきたので、思い切って月間の収支管理のみにすることにしました。

スポンサーリンク

15年以上家計簿を付けてきた理由

ズバリ「具体的な目標があったから」です。

そもそも、わたしが家計簿を付け始めたのは結婚がきっかけ。
当時の目標は「将来はマンションを買いたい!」でした。
なので、必要最低限の支出に抑えるべく節約し、住宅ローンに有利になるように「住宅財形」をやったりして一生けん命やりくりしました。

マンション購入後の目標は「繰り上げ返済」。もちろんそれも頑張りました。
共働きで子供を作らなかったので、他の人がビックリするぐらいの速さで繰り上げ返済を繰り返しました。
でも、それを待っていたかのように離婚問題が勃発。ローン完済とともに離婚です(笑)

離婚後の目標は「老後や緊急時に備えるため」に変化。
離婚時の財産分与で一気に貯金が半減したこともあったため、離婚直後は漠然とした目標でも頑張って貯金できたのですが、それなりに貯金ができてきた現在は節約の意味がなくなってきたんです。
具体的な目標がないと、どの費目を減らそうとかいう意欲がわかないものですね。

というわけで、具体的な目標がなくなって、家計簿をつける意味が薄れてきてしまいました。

「目標」がなくても家計簿が必要な理由

具体的な目標がなくなり、家計簿を付ける意味は薄れてしまいました。
それでも「家計簿を全く付けない」は不安です💦

わたしにとって毎月の収入の範囲内で生活ができているかは重要。
家計簿がなくても、貯金残高で判断することは可能ですが、それだと月単位での収支管理は困難です。

細かい管理はしたくないけど、毎月の収支管理はやっときたい…ということで選んだのが「Money Foward」アプリでざっくり家計簿を付けることです。
※iPhone、Androidのアプリがあります。

Money Foward を選んだ理由

1.ほとんどの金融機関と連携できる

わたしは2年ぐらい前から「Money Foward」を使っています。
それ以前は「zaim」アプリを使っていました。

使いやすさなどの操作性は正直言ってほとんど変わりません。
また「zaim」はEvernote連携も可能なので、家計簿データもEvernoteに保管したい場合は、「zaim」がおススメかも。

わたしが「zaim」から「Money Foward」に切り替えた理由は、銀行の入出金、証券会社の購入済銘柄の情報、電子マネーのチャージ・支出、楽天やAmazonなどのショッピングサイトでの買い物、クレジットカードの利用・引き落とし、などの自動連係先が「Money Foward」の方が多かったからです。

自動連係先の多い少ないは、ご自身が使っている金融機関によって異なりますので各アプリの対応金融機関一覧でご確認ください。
Money Foward:対応金融機関一覧
zaim:対応金融機関一覧
2.足りない分の残高を「不明金として記帳」できる

「Money Foward」で自動連係できる金融機関については残高編集しなくても問題ありませんが、自動連係できない口座(わたしの場合は現金・一部電子マネー)は、その都度支出を記帳していきます。

毎回きっちり記帳できればいいんだけど、例えば現金支出を記帳し損ねることがありますよね。
レシートをもらっていない場合は使ったことすら忘れてしまいます(笑)
そうなると、実際の残高と「Money Foward」上の残高が異なってしまいます。
そんな時に「残高編集」することになりますが、足りない(または多すぎる)金額分を「不明金として記帳」することができるのです。
「不明金」として記帳した項目を、あとで「食費」や「日用品」などへの変更が可能♪

この機能は、きっちり家計簿を記帳している時は不要ですが、ざっくり管理にはめちゃくちゃ便利な機能なんです。

※zaimには残高を編集する機能はありますが、差額を「不明金として記帳」する機能はないようです。すでにzaimは退会済のため、使い方画面で確認したのみです。

今後の家計簿の付け方

これまでは、自動連係しない口座は、毎回レシートをチェックして家計簿に記帳してきました。極力、残高編集機能を使わないスタンスです。

が、今後は自動連係しない口座(現金や一部の電子マネー)は、残高編集機能を月末に必ず使うスタンスに変更しました(笑)180度の方針転換です。

月末にそれぞれの残高編集をして、差額分をまとめて「現金支出」「電子マネー支出」として計上するだけ。
細かい費目管理をしないと決めてしまえば、これだけで収支管理は成立してしまいます。

ざっくり家計簿にした感想

週に1回ぐらいやっていた「残高の帳尻合わせ」の時間がいらなくなったので、時間の節約につながりました
細かくつけようとしている時、残高の帳尻が合わないって意外とストレスになるんです。
「不明金」として記帳することは、己に負けることだ!みたいな。
そういう無駄で何のためにもならない悪あがき時間がなくなったので、家計簿に対するストレスもなくなりました

レシートも細かく取っておかなくてよいので、財布の整理も気軽にできるようになりました

以上です。
家計簿の付け方を楽にしたい方の参考になれば幸いです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク