無脂肪牛乳で自家製ヨーグルトできるかな?

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ヨーグルト大好きふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

最近は”ヨーグルト大好き”というより、いろんな乳飲料で自家製ヨーグルトを作る実験をするのが好きという方が正しいかもしれません。
今回は「無脂肪牛乳」という新たなアイテムで挑戦してみました。

「無脂肪牛乳」と聞くと自家製ヨーグルトなんて出来そうにない印象がありませんか?
試すのを躊躇されている方もいると思うので、管理人が実験してみます!

蛇足ですが、タイトルの「〜できるかな?」は昔のNHKテレビ番組「できるかな?」を意識してみました。知ってるかな?

スポンサーリンク

使用した無脂肪牛乳

やまぐち県酪の「あじわい無脂肪牛乳」です。

製品名 無脂乳固形分 乳脂肪分
あじわい無脂肪牛乳 8.6% 0.4%

自家製ヨーグルトの作り方

私は種菌に「雪印メグミルク 恵ガセリ菌 SPヨーグルトドリンク」を使っています。

作り方は簡単で、無脂肪牛乳から種菌の倍量くらいを抜き取って、ヨーグルトドリンクを投入。

あとはヨーグルトメーカーにセットするだけです。

使っているヨーグルトメーカー

結果

ちゃんとヨーグルトらしく固まりました。
味は薄味ですが、癖がないので食べやすいです。

実は、これまで色々な低脂肪乳で自家製ヨーグルトを作ってきた私は「これは固まる」と確信しておりました。
なぜなら”無脂肪固形分”が多い(8.6%)から。
低脂肪乳の結果について興味がある方はこちらをご覧下さい。

参考:牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳の近い

「牛乳」は、使用原材料や成分規格などで種類が決まっています。

【牛乳】
酪農家から集乳した生乳を殺菌し、そのまま詰めた牛乳です。
水などを加えることは、法律で禁止されています。
【成分調整牛乳】
生乳から、乳成分(脂肪・無脂乳固形分・水分等)の一部を取り除いたものです。
【低脂肪牛乳】
成分調整牛乳のひとつで、生乳から脂肪分のみを除去し、脂肪分を0.5~1.5%にしたものです。
【無脂肪牛乳】
成分調整牛乳のひとつで、生乳から脂肪分を除去し、脂肪分を0.5%未満に調整したものです。

引用元:東毛酪農協同組合「牛乳の違い」

スポンサーリンク
スポンサーリンク