集中豪雨から10か月後の朝倉三連水車。まだ残る災害の爪痕…。

「朝倉の三連水車を見に行こう!」なんて気軽な気持ちで出かけた福岡県朝倉市。
そこにはまだ北部九州豪雨の爪痕が残っていました。

スポンサーリンク

三連水車の里あさくら周辺

お店の外観はすっかり修復されていて、一見すると災害はなかったことのように見えます。

三連水車はどうやっていくのかな?と、道を探しますが行ける様子がありません。
せっかく来たし、と思って周囲を散歩してみて唖然。

後ろに見えているのは、三連水車の里の屋根の部分。
すぐ近くにまだ瓦礫が積まれていました。

駐車場の隅に大きな木の根っこが転がっています。
駐車場から出て川沿いを歩くと、土砂が流れた後が見てとれました。

フェンスが45度になぎ倒されたまま放置されています。

ちょとだけ見えた三連水車。
近くの畑の脇には冷蔵庫のようなものが放置されています。

お金を使って被災地支援

残念ながら、わたしは腰痛持ちなのでボランティア活動は無理です。
今できることはお買い物だ!ということで、わたしにしては沢山買い物してきました☺

焼きビーフン(350円)と煮卵(150円)。煮卵はよく味が染みてました。

最近は焼きそばよりも焼きビーフンが好きです。

大人のぶどう味のジェラート(400円)。

ぶどうというより、いちごジャムの味に似ていました。

お土産に買った浅漬けの素(280円)と酢漬けの素(350円)。
夏は酢漬けが美味しいですよね😊

これ以外にも、抹茶シフォンケーキ・玉ねぎ・ズッキーニを買って帰りました。

シフォンケーキはふわふわでめっちゃ美味しかったです!おススメ💓

まとめ

いかがでしたか?
九州北部豪雨が発生したのは平成29年7月です。
もう1年近く経ったんですね。早いような遅いような…。

朝倉に行けない方も、朝倉のものを買うことで被災地支援につながります。
お店で朝倉の物産を見かけたら、ぜひ買いましょう!

もちろん、わたしも買います☺

スポンサーリンク
スポンサーリンク