【大分県】週末プチ旅したい時、鰻の焼きおにぎりを食べに行こう!

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

大分県の豆田の町並みに行きました。
白壁で古い商家が建ち並ぶ観光名所です。風情のある街並みが有名な場所です。
一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。

スポンサーリンク

豆田の町並み

豆田町は福岡から車で2時間半程度(高速を使用せず)で行ける場所です。

まず「日田天領資料館」の写真から。
有料なので入ってませんがトイレだけ使わせてもらいました(笑)

天領日田資料館の入り口で、資料館の入口を入る方から見て右側に、天女か弁天様っぽい女性像が彫られてました。
左側にはそういった彫り物はなかったです。
いや、浮き出てるから「彫り物」はおかしいのかな?なんて言えばいいんだろ。

お土産物屋さんの店先の和傘。
背景が青空だったら物凄く映えそうですよね😊

大きな羊羹屋さん(赤司日田羊羹本舗(リンク先は食べログ))で、「ゆず羊羹」が有名。
まだ羊羹に魅力を感じる年齢になっていないので買ったことはありません。

日田は「日田下駄」が有名なので下駄を売っているお店が沢山あります。
こちらのお店は「こもれび工房」です。

いつも欲しくなるんだけど、まだ買ったことはありません。

天然石アクセサリーのお店の看板。
猫と「肩凝っちょらんかい?」という言葉が可愛かったので思わずパシャリ。

ご主人が手作りしている日田土鈴のお店。
右下のディスプレイに注目してください。

こんなにかわいいお雛様の土鈴が飾られています💓

歩道にあった下駄の模様。何回も来たことあるのに今まで気づいたことなかった!😲
記事を書こうと思って町を歩いているからか、いろんなものに目が行くようです。

リアル亀っぽいでしょ?
1個1300円の木彫りの亀です。
亀は好きじゃないけど、面白くて思わず写真に撮りました。

石に綺麗に絵を描いた土産物を売っているお店もありました。

お店の軒先に置かれていた観光案内パンフの重石も、綺麗に装飾されています。

旧船津歯科(豆田まちづくり歴史交流館)

平成28年4月1日から一般公開された建物。
入口の受付で都道府県市名・人数を書くだけで、無料で入れます。そのうえ写真撮影もOK!
ここに入るのは初めてです😊

外壁は「ドイツ壁」と書かれています。窓桟がオシャレ!


入口に通じる廊下。左右は会議室です。

2Fには待合室と診察室があります。

「患者控室」が逆から書かれていて雰囲気ありあり。

当時の歯科診療器具が展示されています。
絶対痛そう…💦今の時代に生まれて良かったです。

建物は3F建てですが、立ち入りは2Fで終わりです。

いた屋本家

今回、豆田町で食べた唯一の食べ物が「いた屋本家」(リンク先は食べログ)の鰻の焼きおにぎり。

1個190円。前々から食べてみたかったんですが、食べるのは初めて!

外側がカリカリで味シミシミ。
中には小さな鰻が入ってて、めっちゃ美味しかったです。

豆田町に行く機会があったら、是非食べてください!!

場所

〒877-0005 大分県日田市豆田町8

スポンサーリンク
スポンサーリンク