会社で痛いアラフィフ独女の特徴5つ!ファッションから言動まで | 福女アンテナ

会社で痛いアラフィフ独女の特徴5つ!ファッションから言動まで

会社の中に30~40代の男女から「イタい」と評判の独身女性がいます。
イタいと言われる特徴から、「そうならないための教訓」を学びましょう!

スポンサーリンク

年齢にあった服装をする

若かりし頃の自分が忘れられず、ミニスカや胸元の開いた服装をしています。

いくら若いころに美しかった人でも、アラフォー・アラフィフともなると体形が変わるし、お肌のハリもなくなります。
若作りの服装をすることで、かえって「劣化が目立つ」状態を作る結果になってます。

男性にボディタッチしない

お気に入りの男性にボディタッチしてきますが、本気で気持ち悪がられています。

ボディタッチまで行かずとも洋服を引っ張るという行動も見られますが、これも気持ち悪がられています。

この方はバツイチ独女。
本人は親しみを表す行動と思ってるかもしれませんが、側から見ると単なる欲求不満ババァです。

過去話でマウンティングしない

10年以上前の話を持ち出して、自分の権威を示そうとします。

「(10年以上前に)〇〇プロジェクトに参加して大変だった。」
「〇〇さん(今は役職についている人)と一緒に仕事した。めっちゃいい人だった。」
「〇〇さん(今は役職についている人)は、新人の時はミスばっかりしていて自分が仕事を教えた。」

などなど。この手の話を聞かされる側は「過去にしがみついている人」に見えません。


気分のムラを表に出さない

気分がいい日は、やたらめったら世話を焼いたり、笑ったり、話しかけたり。

逆に気分が悪い日は、一日中黙りこくる。

しばらく上機嫌の日が続くと、周囲はいつテンションが雪崩を起こすのか気が気じゃありません。

気遣いできる女アピールしない

例えば、事務の女性が何かを運ぼうとしていると、「手伝おうかぁ〜」と言って手を出したがります。

「いえ、大丈夫です」と言っても、聞く耳を持ちません。
本人は「わたし、困ってる人をみると助けずにはいられないの!」と、気遣いできる女アピールできて気持ち良さそう。

でも、出来ないことを手伝うのはありがたいと思われるけど、出来ることを手伝われても有難迷惑です。

まとめ

いかがでしたか?

さも「わたしはこんなことしてません」的に書いてますが、実はわたしもボディタッチしちゃう人です。

この方みたいに業務中はやらないんですが、酔っぱらうとやってしまいます。
相手の肩から二の腕あたりを笑いながらバンバン叩いちゃうんですよ。
若いころからの癖です💦

これを機会にボディタッチしないように気を付けます。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク