【悲劇】自転車を有料駐輪場に停めて、鍵を失くした場合の対処方法

有料駐輪場に自転車を停めて、自転車の鍵を、失くすとどうなるでしょうか。
実はこれ、管理人の実体験です💧

自分で買った自転車であることが証明できるかどうかが運の分かれ道です。

スポンサーリンク

自宅に合鍵がある場合

素直に自宅まで帰りましょう。
時間単位で駐輪料金が徴収される場合は、料金が気になるところですが、なくした自分が悪いので仕方ありません。

自宅に合鍵がない場合

自宅に合鍵がない場合は、「自分が購入した自転車であることを証明できるか」が重要ポイントになります。

防犯登録している場合

最寄りの警察署に行けば、鍵を外して(切断)もらうことができます。
ただし、自転車は自力で警察署まで持っていかねばなりません。
鍵のかかったままの自転車を引きずるのは相当力を使うはずです。
もし、真夏だったら悲劇に拍車がかかることでしょう。

車体番号が記載された購入証明書がある場合

この場合のポイントは自転車の車体番号が記載されていること。
例えば、楽天やAmazonの注文履歴では役に立ちません
車体番号が記載された購入証明書があれば、防犯登録している時と同様に最寄りの警察署で鍵を外してもらうことができます。

防犯登録していない(購入証明書がない)場合

残念ながら、警察署も駐輪場の係の人も力添えはしてくれません。
一度自宅に戻って鍵を外す道具を持っていくしかないでしょう。
ただし、他の人から見れば自転車泥棒と区別が付かないので、手際の良くやらないと通報されるリスクがあります。

そのまま放置する…という、人としてやってはならないことも選択肢として思い浮かんでしまいます。

まとめ

いかがですか?
防犯登録が、防犯以外にも役に立つことを初めて知りました。
管理人の場合は自宅に合鍵があったので、一度家に帰って取りに戻りました。
バス代節約のつもりで自転車で出かけたのに、時間もお金も節約にはなりませんでした😅

鍵は失くそうと思って失くす人はいません。
この記事が困っている人の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク