#015 元キャバ嬢さん、経営者からの誘いを社交辞令なのかと悩むトピ

久しぶりの発言小町コーナー。
気が付けば前回の更新は3か月前でした😅

今回は悩みと経歴にギャップを感じずにいられない方のトピです。

スポンサーリンク

(トピ)社交辞令でしょうか、、

ある男性から会う度にご飯に行きたいと誘われていますが社交辞令でしょうか、、?
その男性は以前、働いていたキャバクラの経営者です。
面接をして頂いた時から、すごく褒めてくれたり
タイプだと言ってくれたりしていました。
働いていた時はキャストに手を出してばれたら問題になるので、
辞めてからご飯に行こうと会う度に誘われていました。
そのお店は今月半ばに辞めることになり、
その男性へお礼のメールを送ったところ、
またお誘いをして頂きました。
その内容は
私「平日ならいつでも大丈夫ですので合わせます」
と送ったところ
男性「僕も合わせますよ」
と言われ、私からグイグイいくのもなと思い、そのまま返事をしませんでした。

その後、5日ほど経ちますが特に連絡はありません。
やっぱり社交辞令だったのでしょうか、、

あまりこういうことに対して免疫がないためどうしていいかわからずなので
皆様の意見を聞かせてください。

引用元:発言小町(870185

いいえ。社交辞令ではなくお仕事です。

「男性の誘いを社交辞令なのか?」と、迷う以前の問題と感じます。
元キャバ嬢とキャバクラの経営者。
そこに”社交辞令かどうか”を考えるがアホらしいというか…。

まず、経営者であれば勤めている女性を褒めるのは、社員のモチベーションを上げるためには当然のこと。
特に客商売ですから、社員(女性)のモチベーションは集客に直結するでしょう。
経営者側からすれば、どの女性にも同じことを言っていても仕方ないかと。
社員がご機嫌になって接客してくれれば、お客様が喜んでくれるわけですから。

「キャストに手を出したら問題になるから、辞めてご飯に行こう」も、誘わない口実にしか聞こえません。
彼女に対して本心では”単なる社員”という気持ちしか持っていないけど、好みだ何だと言っておきながら誘わないのはおかしいと思われかねない。
だから「あなたは社員だから誘わない」と言って相手を納得させている。
ただそれだけのこと。

その証が、「平日ならいつでも大丈夫ですので合わせます」と答えた後に、具体的な日時を指定してこなかったことです。
本当に彼女と食事に行きたければ、「〇日はどう?」と指定してくるはず。

ということで、結論。
男性側は、社交辞令というよりお仕事の一環だったということです。

まとめ

いかがでしたか?

このトピで一番惹かれるのは、元キャバ嬢でありながら、男性からのお誘いに対して「社交辞令なのか」と悩むという、トピ主とトピのギャップです。

トピ主さんは、きっとダメンズの彼氏に騙されて借金の肩代わりになってしまい、水商売に手を染めたのです。
その彼氏とも別れ、借金だけが彼女のもとに残っている…。
そして、彼女は壁の薄いアパートの隣人(大学生)の麻雀をジャラジャラ音に悩まされているのです。

そんな毎日の中、経営者からの甘い言葉は彼女にとってささやかな幸せだったのに。
あぁ、なんてかわいそうでしょう。

と、勝手な想像をするのも楽しいもんです。
みなさんも挑戦してみましょう。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク