【WEBライティング技能検定講座】申し込み~受講開始までの流れ

生まれて初めて通信講座を受けることにしました。
その名も「WEBライティング技能検定講座」。一日も早い資格取得を目指してがんばります!

スポンサーリンク

はじめに

「WEBライティング技能検定」は、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格の試験制度です。

「WEBライティング技能検定」は「WEBライティング技能検定講座」という通信講座を受講しないと受験できません。

誰でも気軽に始められるWEBライティングだからこそ、企業側から見ればその人の基本スキルを図るために指標となるスキルと言えます。

ということで、「WEBライティング技能検定」の資格を取得すると合格者特典があります。
例えば、報酬額の5%〜10%アップなど。(企業により得点は異なります)

「WEBライティング技能検定講座」は、通信教育での受講が可能です。
通常ルートで申し込むと 32,000円 (税込)。
ランサーズのウェブサイトを経由して申し込むと10%割引となります。
他にも割安で申し込む方法があるかもしれませんので、他にも探してみると良いかもしれません。

参考リンク

WEBライティング技能検定の日本クラウドソーシング検定協会
WEBライティング技能検定の講座申込みはランサーズで!資格を取得すると稼ぐランサーへの近道としてのメリットが沢山あります。今なら教材費10パーセントオフで購入いただけます。|ヒューマンアカデミー × Lancers

「WEBライティング技能検定講座」

WEBライティング技能検定講座に申し込みをして、1週間以内に教材が届きます。
基礎編・実践編のテキストと問題集がメインです。
教材の確認とオンライン試験システムの登録を行えば、準備完了となります。

教材の確認

テキストの内容は、働いた経験がない人や専業主婦歴が長い人であれば役立ちそうです。
でも、IT系や情報通信関連の知識を持っている人にとっては、かなり物足りない…というか、基本すぎて「え…」って感じ。
管理人は後者にあたるため、正直言って「これで3万…」が正直な感想。
資格を得るためと思って割り切るしかありません。

ご覧いただいて分かるとおり、テキストもめちゃくちゃ薄いです💧

オンライン試験システムへの新規登録

講座開始前に、オンライン試験システムへの登録を行います。
登録の際には教材ID/教材passwordの入力が必要です。

登録が完了すると、模擬試験の残り回数、本試験一覧が表示されます。

模擬試験は、原則受講期間内(サポート期間:6ヵ月)に3回受験できます。
本試験は、受講期間内(4ヶ月)から受講終了後6ヵ月以内までの受験推奨されています。

教材内容の更新に伴って本試験の内容改変があるため、受講後間をおかずに本試験受講するようにします。

新規登録の流れ

オンライン試験システムへの登録は、画面の指示に従えば簡単に行えます。
どんな流れになるのか知りたい方は、以下の画面を参考にしてください。

1.「新規登録」をクリック

2.「同意して~」をクリック

3.メアドとPWを入力

4.「登録」をクリック

5.個人情報を入力

6.「登録」をクリック

7.「教材ID・教材PWの登録~」をクリック

8.通知書を参照して入力

9.「講座を登録する」をクリック

10.「ダッシュボードへ~」をクリック

11.模擬試験・本試験の情報が表示される

これで「WEBライティング技能検定講座」を受講する準備がすべて完了です。

まとめ

いかがでしたか?

「WEBライティング」のお仕事は、クラウドワークスのサイトに登録すれば、初心者でも誰でも簡単に始めることができます。
でも、せっかく好きなことをやるのであれば、きちんと資格を身につけたいと思いました。

仕事を依頼するクライアント側からすれば、海のものとも山のものとも分からない相手に仕事を頼むより、資格を持っている人の方が信頼できるはずです。
実際に自分が働いていてそう感じます。

「WEBライティング技能検定」の試験情報をネットで調べると、ネガティブな評判もちらほらと見かけますが、クライアント側に自分の仕事に対する姿勢を分かってもらうためには有効な手段だと考えます。

講座が終了したら、また記事にまとめてレポートします!

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク