【確定申告】予期せぬ健康保険組合からの一部負担還元金

昨年は1年間に支払った医療費が12万円程度でした。(保険金を引いた金額です)
主な理由は子宮筋腫の入院治療。
掛かった金額はこちらの記事をご覧ください。↓

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 猫ちゃんが膝に乗ってくれるのが嬉しいふらっふぃです。 子宮筋腫で子宮全摘手術をしました。 今回

そんなわけで、

2月になったら確定申告の準備しなきゃ。

と、年を明けてから気合を入れておりました。

今日はお昼から 確定申告作成コーナー で確定申告書を作成。
そして、寒い中コンビニまで出かけて印刷して帰ってくると郵便受けに健康保険組合からの書類が…。

一部負担還元金のお知らせ 66,200円
えーーーーーっ

これで支払った医療費の総額は6万円となり、見事に医療費控除の対象外になりました。
確定申告書を作った時間・コンビニまで出かけた時間・プリント代がすべて無駄になってガッカリです。

確定申告書を送った後に届くよりはマシだったと思うことにします…。
それに、還付金より一部還元金の方が断然高いんだから感謝しなきゃですね😁💰
あーあ。なんでも早めに準備しようとする性格がアダになってしまいました。

確定申告で医療費控除を受ける方は、加入されている健康保険組合からの還付金が残っていないかどうか確認してから確定申告書を作りましょう。
(私は10月の入院分の還元金のお知らせが2月に届きました)
スポンサーリンク

参考リンク

医療費控除について分かりやすく記載されています。
年収によって控除の仕組みも変わります。興味がある方は参考にしてみてください。

医療費控除とは、1月1日~12月31日までの本人あるいは生計を一にする家族のために医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けられる制度です。医療費控除の還付金は、医療費から色々なものが差し引かれた上で戻ってきます。今回は、平成29年分の申告から大きく変わった医療費控除の申請方法の流れと、還付金の計算方法について詳し
The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク