スポンサーリンク

【GARMIN】vivomove HR の自動表示をオフにする方法

スマホ系
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GARMIN(ガーミン)のハイブリッドスマートウォッチ「vivomove HR」を購入しました。
「vivomove HR」には、手首を持ち上げると自動的に画面がオンになる「自動オンディスプレイ」機能があります。

画面がオンになる時、自動的にアナログ時計の針が10時10分の位置に動き、ディスプレイを見やすくしてくれるのですが、これが意外と曲者(くせもの)。

勉強や仕事中に何げなく手首を動かすと、その都度「ジジジィーーーーー」と音を立てて時計の針が動くので気が散ります。
そんなわけで、「自動オンディスプレイ」をオフにする設定をご紹介します。

GARMINの自動ディスプレイ機能をオフにする手順

Garmin connectアプリを起動して、画面上部のvivomove HRのアイコンをタップします。
メニューから「デバイス設定」をタップします。
メニューから「表示オプション」をタップします。
メニューから「自動オンディスプレイ」をタップします。
ジェスチャーの「オフ」をタップしてチェックマークを付けます。

設定が終わったら、画面上の「<」で前の画面に戻り、vivomove HRと同期すると有効になります。

これで手首を持ち上げてもジィージィー音がしません。

歩数などを確認したいときは、ディスプレイをダブルタップして下さい。

コメント