【iPhone XR】画面を下げる操作を使いやすくする一番便利な方法

スマホ系

iPhone XRを使っている女性にとって悩ましいのは、「画面を下げる」操作が分かりにくくなった点ではないでしょうか。

iPhone XRの大きな画面の最上部を、親指で操作するのは大変です。

今回は、iPhone XRで一発で画面を下げるとても簡単な設定を見つけたので共有します!

iPhone Xシリーズより前のiPhone

ホームボタンをダブルすると、画面を下げることができます。

この機能はデフォルト(設定変更不要)で使える機能です。

iPhone Xシリーズ以降

iPhone Xシリーズからホームボタンがなくなり、画面を下げる機能は、ダブルタップから「画面を下にスワイプする」操作に変わっています。

そして、画面下にスワイプして画面を下げる操作を有効にするためには、設定アプリから設定変更しないといけません

「一般」→「アクセシビリティ」→「簡易アクセス」をオン

【手順1】


【手順2】


【手順3】


以上の設定で、画面を下にスワイプして画面を下げることができるようになります。

簡易アクセスの使い方

「簡易アクセス」は少しコツが必要です。画面を下げたいときは、画面の下の赤枠部分の領域を使います

赤枠領域を下にスワイプすると画面が下がります。

先ほどの赤枠よりも上の部分をスワイプすると、検索が表示されてしまいます。

これが意外と使いにくいので、これから説明する設定をオススメします!

オススメの設定

「アクセシビリティ」の中にある「AssistiveTouch」を使います。

先程と同様に設定アプリから「一般」→「アクセシビリティ」→「簡易アクセス」をオンにする画面まで進みます。

続けて、簡易アクセスの下にある「AssistiveTouch」をオンにしたら、「シングルタップ」を選択して「簡易アクセスにチェックを入れます

【手順1】


【手順2】


【手順3】

以上の設定を行うと、画面状に薄い黒〜ねずみ色の丸いボタンが現れます。そのボタンをタップするだけで画面を下げることができるようになります。

かなり便利でオススメです!

騙されたと思ってぜひ設定してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント