【iPhone】バッテリー交換に再挑戦!他社修理実績ありでも3200円で修理できました。

iPhone に関する悩みの種は電池持ち。
とにかくよく減って、すぐになくなってしまいます。

今年2月にGenius Bar(ジーニアスバー)に交換に行きましたが、様子見で終了。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。 ある日突然、iPhoneのバッテリーの持ちが急激

半年間我慢して使ったものの症状は改善せず、だんだんと悪化してきました。
ということで、バッテリー交換に再チャレンジです!

「Genius Bar」はアップル直営店に併設されている、サポート対応を行ってくれるところです。
バッテリー交換の受付方法等は、上記様子見の際の記事に記載しています。
スポンサーリンク

iPhone の症状

バッテリー交換前の症状です。

  • 満充電しても半日足らずで30~40%まで減ってしまう。
  • 日によって、操作を何もしない状態にも拘わらず、ものの数分で10~20%急激に減ることがある
  • 他のiPhone・iPadが充電できるコンセント・充電グッズを使っても、充電できない

上記症状に関しては、今年2月に Genius Bar に行った時と大差ありません。
大きく異なるのは、5月に正規修理店以外で画面修理を行ったことです。
その時に書いた記事はこちら。

不注意でiPhoneを道路に落としてしまい、画面がバッリバリに割れてしまいました。 町の修理屋さんに行くといくらかかるのか、その手続きの流れについて

他社修理した iPhone も Genius Bar で修理受付可能

2017年3月の excite ニュースでは、他社で修理した iPhone も修理受付が可能になった旨の情報があります。

ただし、画面は純正部品交換しないと修理できないとの記載

~ ただ、日本の場合は、他社製の液晶ディスプレイが使用されていることが分かった段階で、その液晶ディスプレイの問題の有無に関わらず、純正液晶ディスプレイは有償修理交換されます。これは、他社製部品が使われている部分全てに適用され、実質的に純正部品への交換を行わないと修理することは出来ません。~以下、省略

Appleは、同社の「Apple製品1年限定保証」に関して、これまでiPhoneなどの修理を、GeniusBarや、Apple正規プロバイダーなどで行わず、非正規修理業者で修理した端末や、純正部品で修...

ということで、恐る恐る Genius Bar に行きましたが、純正液晶ディスプレイへ交換せずにバッテリー交換のみ実施てくれました。

Genius Bar を予約

今回も 「Apple サポート」からバッテリー交換の申し込みをしました。

前回(今年2月)と大きく違うのは混雑状況
地域によってすぐ予約できますが、わたしが住んでいる福岡市はほぼ空きがない状態

ウェブサイト上に表示されるスケジュールは1週間程度。
前回は平日枠であればパラパラと空きがありましたが、今回は全くありません。

そのため、間隔を開けて3~4回に分けて予約状況をチェックしました。
予約できた時は平日(休暇だった)で、朝9時頃にチェックして当日の14時枠が1つだけ空いていたのです。
ほんとにラッキーでした。

保証対象外のバッテリー交換が3200円で受けられるのは2018年12月末までです。
※対象機種:iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

バッテリーの消耗が早くなっていませんか?iPhone の修理サービス情報や、iPhone の駆動時間を延ばす方法をご案内します。

Genius Bar に来店

予約がなかなか取れないだけあって、Genius Barは大混雑。
画面が真っ暗になって動かない、電源を入れても繰り返しリンゴマークが出るだけ、など重症で来店されている方もたくさん。

予約時間を5分過ぎての受付となりました。

遠隔サポート診断

持参した iPhone を ストア内の Wi-Fi に接続して診断を受けます。
診断の待ち時間は10~15分程度。

その間にも、わたしのバッテリー残量は20%台まで落ちていたので途中で電池切れにならないかとヒヤヒヤしていました。

診断の結果、電池の消耗は91%、充電回数が475回であることが分かりました。
消耗状態は問題なしの判定。(なんでだろう?)

ただし、充電回数が500回を超えると電池の寿命となるため、今回はバッテリー交換をすんなり受付けてくれました。

目視診断

今回はバッテリー交換のステータスに進んだため、目視による iPhone 本体チェックがされました。
その結果、担当の方に言われた内容がこちら。

  • 画面右下に小さなヒビがある
  • ディスプレイが少し浮いている
  • バッテリー交換前に強力な吸盤で画面を開けるため、画面が割れる可能性がある
    ※純正ディスプレイではないため保証できない
  • 画面が割れなくても、修理した後に画面が暗くなる可能性がある

ヒビ・浮きについては全く気付いていませんでした。
担当の方の指摘を受けて初めて気づいたことです。

ネット記事を読んで他の不具合がある場合は、別途修理代金が掛かることは知っていたものの、自分の iPhone がそれに当てはまるなんて思ってもみませんでした。

iPhone 6以降のパフォーマンス低下の件で日本でもバッテリー交換費用の減額措置が始まりましたが、お使いのiPhoneの液晶ディスプレイが割れている人や外装が破損している人は要注意です。

ディスプレイ交換が発生した場合は、修理代金が 21,000円円になることを了承したうえで、バッテリー交換を申し込みました。

修理の待ち時間は2時間半

修理の待ち時間として言われたのは 2時間半です。
※その日の混雑状況によって変わるかもしれません。

手元に iPhone がない状態で 2時間半待つのはかなり苦痛です。
暇つぶしのゲームもネットもできないし、友達へ連絡することもできません。
時計を持っていない場合は、時間のチェックすらできないのです。

修理をする際は、他のタブレット端末や本など時間つぶしグッズを持参することをお勧めします。

また、修理完了品引き取り時に身分証明書が必要になります。
必ず免許証などを持参しておきましょう。

修理完了品の引き取り

修理品を受け取りに行くと、修理内容の説明と金額を提示されます。

99% ディスプレイ交換になることを覚悟していましたが、修理はバッテリー交換のみ!
今月は旅行に行って散財していたので助かりました…😅

修理完了後の iPhone を受け取って、引き取りのサインをすれば終了です。

まとめ

いかがでしたか?
この記事は参考になりましたでしょうか。

今回は無事にバッテリー交換のみで完了できたので、大変ホッとしています。
新しい機種が出るたびに買い替えるタイプの方も多いと思いますが、わたしはどうしても iPhone 6s が大好きで機種変更したくないのです。

これで後2~3年程度は安心して使えそうです!

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク