【WordPress】運用開始から7か月!おススメのプラグイン13種

WordPress+Simplicity を使い始めて7ヵ月経ちました。
最初は色んなサイトを参考にして「なんかこれ良さそうなのかな?」とわけも分からずインストールしたプラグインですが、だんだんと「本当に必要なプラグイン」と「それほど必要ではないプラグイン」に分かれてきます。
今回は絶対におススメしたいとプラグインを「更新作業の時短」「訪問者の回遊率を上げる」「セキュリティ対策」の3つのカテゴリでご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

更新作業を時短するために有効なプラグイン

Table of Contents Plus

見出し(Hタグ)を使って、投稿ページ内に自動的に目次を作成してくれます。
記事を書くときは、なるべく見出しを付けてわかりやすくなるように頑張っております😊

プラグイン詳細を見る

AddQuicktag

HTML エディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理するためのプラグインです。
AddQuicktagを使うまでは、よく使うショートコードやCSSの名前をメモ帳に作成して、都度コピペして編集していました。
AddQuicktagを使ってから、劇的に作業効率がアップ!
こちらの記事にとても分かりやすくインストールから使い方まで紹介されています。

  どうも、JUNICHIです。基本的にはWordPressでブログを書きます。 約1年前に会話形式の記事が使える『Speech Bubble』という便利なプラグイン ...
独自のCSSを使ったり、ショートコードを使うプラグイン(わたしの場合はSpeech bubble)を使う方は、ぜひインストールしましょう。

プラグイン詳細を見る

Shortcodes Ultimate

恥ずかしながら、WEBデザイン検定を3級の受験勉強をして、はじめてレスポンシブルデザインを意識するようになりました💦

レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) は、閲覧者の画面サイズまたはウェブブラウザに応じてデスクトップウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。
-引用元:Wikipedia

わたしはよく旅行先の画像をアップしています。
例えば、2枚の画像を並べたい時は「表(TABLEタグ)」を使っていました。
すると、PCでは見栄え良いのですが、スマホで表示すると画像が縮小されて2枚並ぶので、良さが伝わりにくかったのです。ほんとだったら、PCの時は横並びで2列、スマホだと1列になってくれれば見やすいのですが、Shortcodes Ultimateに出会うまでは難しそうで諦めていたのです。

このプラグインを使うようになって、一気に解決できました。

↓↓↓サンプルです↓↓↓ 上手く伝わるかな。ブログを書いていて、上の画像みたいな感じでブログ記事の本文の途中で、左側が画像で右側が文字、のように分割する感じです。こういう事をし ...

プラグイン詳細を見る

Crayon Syntax Highlighter

phpやcssコードを記事に挿入するためのプラグインです。
カスタマイズ情報を記事にするときに役立ちます。CSSやStyle.cssの記述など、これを使わないと正常に表示できません。

プラグイン詳細を見る

見栄え・回遊率を向上するために有効なプラグイン

What’s New Generator

着情報を表示するためのプラグインです。
過去記事をメンテしても投稿一覧には反映されないのでインストールしました。ソート順を「投稿順」「更新順」で指定できます。
カテゴリ毎に表示するかどうか設定することも可能です。
トップページで利用しています。

プラグイン詳細を見る

WordPress Related Posts

関連記事を表示させるためのプラグインです。記事数が少ない段階では必要ありません。
記事が増えてくると、Simplicityの基本機能では見せたい記事が関連記事として表示されないことが多々出てきて必要になってきます。

表示カスタマイズに関する記事を書いてます!

回遊率アップに効果的ですよ!

プラグイン詳細を見る

Link Category Posts

カテゴリ別の記事リストを簡単に一覧表示させることができるプラグインです。
テンプレートを使って、表示させたい内容をカスタマイズできるので大変便利です。

PHPなどを直接編集せずに、楽にカテゴリ別の記事一覧が作れます。
Link Category Postsに出会うまでは、必死にカスタマイズ記事を読み漁っていました。
テンプレートの修正がミソですよ。

プラグイン詳細を見る

TablePress

テーブルを簡単に作成できるプラグインです。
しかも、作成したテーブルは並び変えたりフィルターをかけたりできるので動的なページに見せることができます。

Responsive Tables

TablePressをレスポンシブルにするためには、作者のページから拡張プラグイン「Responsive Tables」をインストールする必要があります。
このプラグインを使わないと、横長の表の場合にスマホ表示で見づらくなります。
こちらのページにインストール方法等が分かりやすく記載されています。

WordPressのプラグインTablePressで、レスポンシブウェブデザインに対応したテーブルを作成する方法を説明します。 TablePressの基本的な使い方はこちらを参考にしてください。 →TablePressでWordPressにテーブル(表)を作成! レスポンシブ対応のデモ

プラグイン詳細を見る

Optimize Database after Deleting Revisions

放っておくとどんどん溜まっていくリビジョンを削除するためのプラグインです。
リビジョンって、とっておいてもあまり意味はないので、これを使って容量の節約を心掛けています。

プラグイン詳細を見る

Super Emoji Plus+

記事内に絵文字を使えるようにするプラグインです。

プラグイン詳細を見る

セキュリティ対策に有効なプラグイン

Akismet Anti-Spam

スパム対策のためのプラグインです。

スパムなんて関係ないわ

なんて思わずに備えあれば憂いなし的な感じでインストールしていおきましょう。

スパム (spam) とは受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括してばらまかれる、各種ネットメディアにおけるメッセージのこと。
-引用元:Wikipedia

プラグイン詳細を見る

SiteGuad WP Plugin

管理画面からの不正ログインなどのセキュリティ対策のためインストールしています。
これを使うと管理画面のアドレスが初期値から変更になり、CAPTCHA(キャプチャ)が表示されるようになります。

プラグイン詳細を見る

EWWW Image Optimizer

画像を自動的に圧縮したり、画像から位置情報を削除してくれるプラグインです。

わたしは特に「位置情報の削除」目的で使っています。
旅行先であれば問題ありませんが、自宅の位置情報は気を付けたいところです。

プラグイン詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク