【ハリオ】喫茶店クオリティ!ハンドドリップを追求した「珈琲王」

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

冬のボーナスで1万円もするコーヒーメーカーを買いました!
その名もハリオの「V60珈琲王コーヒーメーカー」です。
大袈裟じゃなくて、自宅にいながら喫茶店のコーヒーみたいなコーヒーが楽しめます。

スポンサーリンク

V60 珈琲王 コーヒーメーカー

「珈琲王」は耐熱ガラス製品の老舗「ハリオ」の製品です。
このネーミングセンスは評価が分かれると思いますが、名前に「王」と付けるだけあって、本当に美味しいコーヒーができます。

製品の特徴

追求したのは「ハンドドリップ」の美味しさ。 美味しく入れる条件をマシンにプログラムし、いつでも安定抽出できるから、V60ハンドドリップコーヒーの味わいをご家庭で簡単にお楽しみいただけます。 (引用元:ハリオ製品紹介

わたしが一番すごいと思う点は、杯数に応じた「蒸らし」機能です。
下の写真の赤枠の部分。

まで杯数のボタンがあって、ドリップを開始するときに押します。
杯数が多いほど蒸らし時間が長くなります。
大きさの比較できるように、珈琲王の隣にマジックリンを置いてみました。
あんまり分かりやすくないかな?💧

残念ながら杯数ボタンにがないのですが、わたしが飲んでいるマグカップはちょうどコーヒーカップ2杯分の量なので問題はありませんでした。

製品仕様
電源 AC 100V 50/60Hz
定格消費電力 750W
最小/最大容量 300ml / 750ml
サイズ 幅230x奥行240x高さ327(mm)
コード長さ 1.5m
注意点
  • V60のドリッパーでは、100均で売っているような扇形のコーヒーフィルターが使えません。
    V60用のコーヒーフィルター(円錐形)は100枚入りで400円程度します。
    わたしは扇形のコーヒーフィルターも使いたいので、カリタの5人用ドリッパー(700円程度)を買い足しました。
  • どのコーヒーメーカーでも同じだと思いますが、3か月~半年に一度「クエン酸洗浄」が必要です。
    取扱説明書(p.12)より

コーヒーを入れた感想

わたしの入れるハンドドリップの5倍ぐらい美味しいです。
セブンのコーヒーとかが近いかな?
喫茶店で出てくるコーヒーみたいです💖

で、この写真を見たらメーカーの人が卒倒しそうですが、1杯分を入れるときは洗い物を減らすためにこんな状態で使ってます😅
下は小鉢、上がコーヒーカップです。

独り暮らしには洗い物1つが増えるかどうかは重要問題ですからね。
自己責任でやってるので、この使い方をしていて何かあってもハリオにクレーム言ったりしません。

珈琲王の弱点

必ずドリップ時の湯気がたくさん付いてしまいます。
わたしはこの湯気を拭くためのふきんを近くに置いています。

味は文句なしですが、これは気になる方には大きな欠点かもしれません。

1万円高すぎると思ったけど、コーヒーは毎日飲むものなので珈琲王にして正解でした!

絶対おススメです。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク