【アウトレット】「博多の女」11個分の切れ端は一体いくら?

食べ物

博多の女

『博多の女(はかたのひと)』は、昭和47年(1972年)から販売されている福岡の定番のお土産です。
福岡県民で知らない人はいないほど有名。

最近の“甘さ控え目”ブームとは逆行する味です。
甘くてしっとりしたバームクーヘン生地の中に、更に甘い羊羹がギュッと詰まっています。
お茶やコーヒーのお供にぴったりのお菓子です。

激安で味わう方法

『博多の女』の製造元は二鶴堂。
本店直営ショップでは、製造工程で出る”博多の女の切れ端”が販売されています。
お値段は激安の126円(税込)、ナント!博多の女が11個分の量です。
※博多の女1個あたり18gで換算

今回買ってきたのは、期間限定のあまおう苺ミルク味。

ダイエット中にもかかわらず、二日間でペロリと完食しました!
美味しすぎて危険な食べ物です。笑

博多ポテトも激安だった!

後日改めて仁鶴堂本店に行ってみると、今度は抹茶味の博多の女を発見!そして、レジ横には2個入りで100円の博多ポテトもありました。

博多ポテトは6個入りで864円です。単純計算で1個あたり144円。

それが、ナ・ナ・ナント2個入りで100円です!

激安で仁鶴堂の絶品スイーツ「博多の女」「博多ポテト」が味わえるので、ぜひ一度行ってみてください。

場所

二鶴堂本店は、JR吉塚駅または西鉄バス吉塚営業所の側にあります。

福岡県福岡市東区馬出6丁目15番21号
10時~17時(店休日:土日、正月 ※祝日開いていました!)
【所要時間】博多駅から10~15分程度
JR博多駅からJR吉塚駅まで乗車時間3分、JR吉塚駅から二鶴堂本店まで徒歩7分
博多菓子工房ニ鶴堂<公式サイト>
博多で生まれ育ったニ鶴堂は、博多中洲に創...

コメント