わたしが考える離婚の相談に最適な相手

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。

最近、20代男性で子供がいる人の離婚話を立て続けに2件聞きました。
1人は既に決定。もう1人はこれから調停に入るとのこと。

子供がいる夫婦の離婚ってどれ程の決心を伴うんでしょうね。
想像できない辛さだと思います。
わたしも離婚しているけど、子供はいないから分からないです。
夫婦には夫婦の数だけ事情があるから、その理由はここでどうこう語ろうと思わないですけど。

わたしの周りの離婚する人って、親も離婚してる人が多いです。
逆に、結婚生活を続けられる人は、親も離婚していない。
親の状況まで知ってて離婚した夫婦5組中、どちらかの親が離婚している夫婦は4組です。
(他にも離婚した人はたくさん知ってるけど、親の状況は知らない)
どうしてこういう偏りがあるんでしょ?
みなさんの周りはどうですか?

わたしが思うに、親が離婚している人って「離婚を解決策の1つ」として自然に受け入れてます。
だって、一番身近な人が解決策としてそれを選んでいるから。

また、親の離婚を覚えてなかったり、そもそも結婚してない間の人に生まれてる場合(わたし)は夫婦間で起きる様々な問題を目の当たりにしていません。
だから、何か問題が起きた時に解決の仕方が見えない。
「我慢するレベルか」「解決に向けて努力するレベルか」ジャッジが難しい。
わたし自身、離婚に対するハードル低すぎました。笑
離婚して7〜8年経った今だから分かることです。

話を本題に戻すと、親が結婚生活を続けている人って、そういう部分が違うんですよ。
夫婦で問題が起きた時、我慢する根性があるし、そもそも問題視するハードルが低い。(言い方悪くてごめんなさい)
わたしなんかだと「えぇっ!」って凹むことでも、彼らは「まだまだこんなの序の口」って思えちゃうんです。

実例として、10年ぐらい不仲(会話がない)で離婚寸前までいって持ち直した夫婦を知ってます。
ここの嫁は、ご飯も作らずゲームや動画ばかり見ていました。
わたしから見ると、こんな嫁なんて寄生虫にしか見えない。
離婚話も出たけど、最終的に40過ぎて子供をもうけました。
すごいでしょ?
この夫婦はどちらの両親も離婚していません。

わたし、「負の連鎖」みたいに「離婚の連鎖」があると思うんです。
それは運命とか抽象的なことじゃなくて。
親が離婚してると離婚を選びやすい土壌があるんです。

で、文頭に話した20代男性は、離婚歴のある男性に自らの離婚話を相談したそうです。
相談した結果、「そんなに嫌なら続ける必要ない」という回答。
ま、当たり前です。
離婚話を相談した20代男性の親も離婚してます。

だいぶ話が長くなってしまいました。
離婚したい理由は様々。
一概にどうこう言えないから、わたしが言いたいことはひとつ。
「離婚の相談は、親が離婚していない既婚者」を選ぶべきです。

わたし自身、片親で育って、自分自身が離婚を経験したからこそ切実にそう思います。

The following two tabs change content below.
47歳の独女(×1)です。 人生最後のあがき!ということでダイエットとたるみ改善に励んでおります。 50歳からの人生を模索中。どうぞよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク