読書

映画・ドラマ・読書

【読書】心を羅針盤にする生き方「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」

自己啓発本って読んだら終わりってことが多いと思いますが、わたしにとってこの本は全く違うものでした。記事に書いた通り、具体的にここまで大きく自分の行動に変化が起きたのは初めてです。
ぜひ本を読んでみてください。
ご自身の心に強く響く何かがあるはずです。
映画・ドラマ・読書

【読書】一匹の猫の勇気が起こす奇跡!「通い猫アルフィーの奇跡」

今回ご紹介するのはイギリスの愛猫家の作家さんが書いた本です。 主人公は猫のアルフィー。 Kindle の本日のセール本で買った本でしたが(笑)、定価で買っても惜しくないほどの感動をわたしにくれました。 通い猫アルフィーの奇跡 ...
その他の場所 

あの時キミは若かった!小説の舞台横浜へGO

1995年。当時大好きだったミステリー小説「暗闇坂の人喰いの木」に憧れて横浜に行った時の話です。 なんてことない場所でしたが、それは今でも色鮮やかに蘇る楽しい記憶として残っています。 「暗闇坂の人喰いの木」とは ミステリー作家の巨...
映画・ドラマ・読書

【ブログ運営】アクセス数に悩んでるときに、目の前の雲を晴らしてくれた本

最近、ブログを良くしたいと強く思うようになりました。 きっかけは2ヶ月くらい前からのアクセス数の伸び悩みです。 「伸び悩む」と偉そうに言っても、1日あたり50〜70ユーザー程度の訪問者数だから、たかが知れてるんですけどね(笑) ...
映画・ドラマ・読書

「残り全部バケーション/伊坂幸太郎著」を勝手にキャスティング

「残り全部バケーション」を読了しました。 軽妙なテンポの文章といくつもの伏線。犯罪者なのに憎めないキャラクター設定。 大好きな伊坂作品の良さが凝縮された作品でした。 わたしはいつも伊坂作品を読んだ後は「登場人物を実写化したとしたら...
映画・ドラマ・読書

【読書】「史上最強の内閣/室積光著」読了までに2ヶ月ぐらいかかったような?

タイトルの通りですが、2ヶ月ぐらいかけて小説「史上最強の内閣」を読み終わりました(笑) 北朝鮮からの核ミサイル攻撃という危機を前に、通常内閣の後ろに控えていた「一軍内閣」が出てくるという奇想天外なストーリー。 2010年の作品で、特...
映画・ドラマ・読書

【読書】「大家さんと僕」本から流れるゆるやかな時間

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 ふらっふぃ(@fluffy_mybag)です。 今日はカラテカの矢部太朗さん著「大家さんと僕」をご紹介します。 大家さんと僕 「大家さんと僕」は、タイトル通り矢部さんと、矢部さんの大...